わいわいニュース

芸能、社会ネタを中心に、時事問題で楽しんでいただけるレビューサイトを目指します。 美術など趣味の話題や、芸能人も参加するパーティーや海外でのアクティビティ等も、ご紹介して参ります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    こうなると復帰は厳しいだろうなぁ。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/07(土) 20:23:38 ID:p3pSX++z9.net

    「タピオカ店恫喝騒動」の後、木下優樹菜は芸能活動を自粛しているが、夫であるFUJIWARAの藤本敏史にも批判の声が上がっている。

    木下は、姉が勤めていたタピオカ店に対して「恫喝DM」を送ったとして批判が殺到、11月18日に芸能活動の自粛を発表した。本サイトが第一報を伝えたのは10月9日。それから1カ月近く経った11月2日放送の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で、藤本が騒動に触れる機会があった。

    爆笑問題の太田光が騒動をネタに藤本をイジろうとしたのを察して、明石家さんまが「言ったらあかんねん」と太田を制止したのだ。これを受けて藤本は「すみませんでした!」と立ち上がって謝罪したが詳しい説明はなく、騒動を知らない視聴者にとっては何に対する謝罪かも分からない状態だった。木下の事務所が騒動を報じないよう各メディアに要請したとの報道もあり、藤本を含めてスタジオ内には「絶対タブー」という雰囲気が流れたようにも見えた。

    この「何も語らない」「報道させない」姿勢が炎上に拍車をかけたようで、騒動はその後も収まる気配がなかった。炎上の火の粉は、本人だけでなく夫の藤本にも燃え移り、ネットでは「タピオカ騒動以前から夫婦そろって問題行動を起こしていた」というプライベートの目撃談が相次いで投稿され、「タピオカ騒動以降も反省している様子がない」などと批判されている。

    藤本が夫という立場でもっと早い段階から積極的に前に出て、事情説明や謝罪をしていれば事態を収めることができていたのかもしれない。

    心理学には、個人の問題を個人だけの問題とせず、家族全員が関係する問題として捉える、「家族心理学」というカテゴリーが存在する。

    家族心理学の観点から見れば藤本夫婦は、「自分たちのことを受け入れてくれない社会が悪い」などと心理的に社会から孤立してしまわないように、社会に適応していくべく夫婦が話し合い、協力して問題点の改善に努める必要があるのではないか。今回の場合でいう問題点とは、木下が持ち合わせているとされる「ヤンキー気質」はもちろんのこと、藤本がそれを野放しにしていた、あるいは力関係に差があって注意できなかった、というところだ。

    具体的な改善策としては、まず問題行動の引き金であると思われる「ヤンキー気質」を改めることが第一だ。しかし、対人マナーに問題があって、それを認め、考え方や行動を改めるということは、もちろん本人にとって簡単ではない。変化、改善するには相当な時間とストレスがかかるものであり、維持する努力をしなければまた同じことを繰り返してしまう恐れもある。

    ママタレとして家事を楽しんでいるように見えたとはいえ、家事や育児にかかる母親としてのストレスは人並みに多かっただろう。問題点の改善にかかるストレスも含め、多くのストレスがのしかかる木下にとって重要な存在となるのが、妻の心理的なサポート役としての夫・藤本である。

    木下の話を聞いて悩みやストレスに寄り添いつつ、藤本自身も積極的に考え方の改善や社会常識の学習に取り組みながら、お互いの成長を促すといった役割が期待される。

    そして、夫婦だけで解決が難しい場合は、支援的役割としてカウンセリング等を活用することが望ましい。

    こうして時間をかけて藤本夫婦が成長し、世間から受け入れられるようになれば、事態は収束しているのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/2107589/?page=2
    2019.12.07 19:00 リアルライブ


    【【芸能】妻・木下優樹菜だけでなく夫にも飛び火 夫・藤本はどうすれば事態を収められるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ひとそれぞれ、いいじゃない。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/08(日) 10:45:51.56 ID:CkwtPpQC9.net

    神田沙也加と俳優の村田充が離婚していたことが先日分かった。その理由として双方がブログで明かしたのが、「子ども」を望むか否か、その考え方についての違いだ。

    「村田は『結婚以来継続してきた夫婦の在り方について、子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず(後略)』と明かし、沙也加も『結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした』と心境を吐露しています」(芸能ライター)

    他の芸能人の結婚でも、子どもを望むかは大問題だ。

    「磯野貴理子は今年5月、7年の結婚生活のピリオドを打ちました。その理由が、夫からの『子どもが欲しい』という一言。もともと、彼女が24歳年下の元夫と再婚したのは、48歳の時。今では高齢出産も珍しくはありませんが、一般的に言われる『出産リミット』からは過ぎています。この告白に、世の女性から磯野に同情票が集まりました」(芸能ライター)

    渡辺えりも今年4月、23年連れ添った13歳年下の俳優の夫と離婚を発表。その理由は表だっては明かされていないが、その端緒はやはり子どもにあったようだ。

    「渡辺は結婚当初から子どもを望んで、それもあって結婚を急いだと本人は言っていたようです。しかし、忙しさもあってかお子さんに恵まれることはありませんでした。さらに結婚後、渡辺はさらに多忙を極め、夫婦格差は縮まるどころか広がる一方だったそうです。もし子どもができていれば別の選択もあったのかもしれません」(同)
    もちろん、お互いが納得して子どもを作らない人生を選ぶ夫婦もいる。

    「来年結婚25周年を迎える山口智子・唐沢寿明夫妻です。山口は以前雑誌で、栃木の老舗旅館の一人娘として祖母に育てられた環境を振り返りながら、『血の結びつきを全く信用していない』と語り、『子どもを産むつもりはなかった』『(子どものいない人生に)いっぺんの悔いもない」と吐露。世間の女性に衝撃を与えました」(同)

    37歳の時、元プロ野球選手の金石昭人と結婚した元バドミントン選手・陣内貴美子は子どもが欲しいと6年間、壮絶な不妊治療を続けたという。だが、追い詰められていく彼女を見て、金石が「もうやめよう」と中止を切り出し、2人だけの人生を生きることにしたという。世間の常識にとらわれず、結婚の何が正解かは、2人だけが決めなければいけないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2107531/
    2019.12.07 18:00 リアルライブ


    【【芸能】「子どもは要らない」神田沙也加の離婚理由で思い出す、磯野貴理子や山口智子ら芸能人夫婦の決断】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 d35omnrtvqomev.cloudfront.net)


    マンション転落事故から怪しかった。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/08(日) 12:05:06.96 ID:CkwtPpQC9.net

     【芸能 覆面座談会】芸能界は“国民的愛人”の橋本マナミ(35)や壇蜜(39)の結婚で“愛人ロス”が起きました。一方では韓国アイドルグループ「KARA」の元メンバーだったク・ハラさん自殺という衝撃の訃報もありました。いつもの覆面メンバーがニュースの裏側に迫ります。

     リポーター 合成*MDMAの所持罪で女優の沢尻エリカ被告が逮捕・起訴された。尿鑑定が陰性だったから不起訴になるんじゃないかという見方もあったけど、起訴されたね。

     週刊誌記者 組対5課(警視庁組織犯罪対策5課)がライバル関係にあるマトリ(関東信越厚生局*取締部)との“摘発合戦”で存在感を示した。最近のマトリはピエール瀧、田口淳之介と大捕物が続いていたからね。

     本紙デスク 今回の逮捕劇の端緒には密売人の存在があったんだ。*とコカインの密売人で、逮捕されたのは11月初旬。組対5課はその供述を基に供給先を捜査している中で沢尻被告が引っかかったんだ。

     ワイドデスク 組対5課が供給先としてマークしていたのは、沢尻被告と親しい友人夫妻がオーガナイザー(主催者)を務めているクラブイベントだったんだ。その夫妻主催のイベントが密売人の逮捕後初めて開かれたのが11月15~16日の東京・渋谷のクラブ。そこで*とコカインのやりとりがあるとみて、捜査員は参加者の動きを見ていたんだ。

     リポーター そこにいたのが沢尻被告だったというわけだ。元交際相手でMDMAを共同で所持したとして逮捕されたファッションデザイナーの横川直樹容疑者の姿もあったし。

     週刊誌記者 当初の狙いは沢尻被告ではなく、そのクラブイベントの参加者だったんだね。でも、沢尻被告が所持していたのはMDMA。*とコカインじゃなかった。

     ワイドデスク 組対5課が取った沢尻被告宅の捜索令状には、所持容疑にMDMAじゃなくて別の違法薬物が記載されていたと聞いた。確か、コカインだったと。

     本紙デスク 捜査員は沢尻被告の行動確認をして16日早朝にクラブからの帰宅を待って職務質問した。でも手荷物検査で見つからず、家宅捜索しても発見できず。沢尻被告が自ら申告して“本命”ではないMDMAが見つかったんだ。

     ワイドデスク 組対5課はクラブイベントの参加者、特に常連客に違法薬物が広がったとみている。沢尻被告の夜のクラブ仲間「夜友(よるとも)」たちもマークしている。芋づる式で逮捕者が出るかもしれない。

     リポーター その中で一番狙われているのは誰?

     本紙デスク 本命は俳優K。

     週刊誌記者 誰?誰だよ、気になるよ。

     本紙デスク それはまだ言えないよ。

     ワイドデスク 騒動はまだまだ続きそうだね。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17495274/
    2019年12月8日 11時31分 スポニチアネックス


    【【芸能】沢尻エリカ被告起訴 狙われる「夜友」 本命は俳優K】の続きを読む

    このページのトップヘ