わいわいニュース

芸能、社会ネタを中心に、時事問題で楽しんでいただけるレビューサイトを目指します。 美術など趣味の話題や、芸能人も参加するパーティーや海外でのアクティビティ等も、ご紹介して参ります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 豆次郎 ★ :2019/07/14(日) 22:50:09.70 ID:gkOMufdy9.net

    [2019年7月14日22時11分]
    <テニス:ウィンブルドン>◇14日◇英国ロンドン◇ジュニア男子シングルス決勝ほか

    錦織を超えた! ジュニア世界9位で、16歳の望月慎太郎(Team YUKA)が、4大大会のジュニアで、日本男子として、史上初のシングルス優勝の快挙を達成した。

    同49位のカルロス・ヒメノバレロ(18=スペイン)に6-3、6-2で勝ち、日本男女を通じては、69年全仏、ウィンブルドンを連覇した沢松(現姓吉田)和子以来、ジュニア4大大会シングルスを制した史上2人目の選手となった。

    歴代のウィンブルドンのジュニア男子シングルス優勝者には、きら星のような名前が並ぶ。ボルグ(スウェーデン)、エドベリ(スウェーデン)、フェデラー(スイス)ら、一般でも優勝を飾った伝説の選手たちだ。その彼らと望月が肩を並べた。もちろん、ジュニアを制したからといって、必ずプロで通用するとは限らない。ジュニアとプロでは、全くテニスが違うとも言われる。しかし、望月が、世界に羽ばたく登竜門に立ったことだけは事実だ。

    神奈川県川崎市で生まれ、3歳でテニスを始めた。名前の慎太郎は、父小太郎さんが、石原慎太郎のファンだったことから名付けられた。12歳で、日本テニス協会の盛田正明名誉会長が設立した盛田テニス基金のテストに合格。13歳で米フロリダにあるIMGアカデミーに留学し、今でも拠点を置く。同基金は錦織も支援を受け、同アカデミーでは錦織とも練習をする。

    錦織は、全仏、ウィンブルドンと、練習相手に望月を指名し、ともに打ち合った。「将来が楽しみ。パワーに頼らず、いろんな方面からプレーできる魅力がある」と絶賛だ。錦織も13歳で、望月と同じシステムで渡米。世界に飛躍した。望月が、その後を追う。

    https://www.nikkansports.com/m/sports/news/201907140001025_m.html?mode=all

    (出典 www.nikkansports.com)


    【☆【テニス】16歳望月慎太郎が錦織超え 史上初のシングルス優勝の快挙を達成🏆! ウィンブルドンジュニア→おめでとう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 名無しさんにズームイン! :2019/07/15(月) 06:41:22.53 ID:zo0FE8WS0.net

    お待たせしました!今夜もハプニング続出…!!青い空&青い海広がる爆笑&涙の夏の大冒険SP!
    ▽元テニス世界女王・杉山愛のイケメン長男が母の言葉でおつかいへ…強いママ&情けなすぎパパに爆笑
    ▽「私は父ちゃんの彼女!」大好きなパパにお弁当を届けに…泣き虫娘が港を走る
    ▽所ジョージ涙…亡き父に捧げる花を買いにバスに乗っておつかい!母支える優しい4歳お兄ちゃん
    ▽ひとりで渡し船!海大好き3歳が島をわたる大冒険!!
    MC
    所ジョージ、森口博子
    ゲスト
    佐藤健、谷原章介、国仲涼子、杉山愛、横澤夏子、ミキ


    【☆はじめてのおつかい!今夜も笑顔&涙が満載!夏の大冒険3時間→私も子どもとお使いしたい‥】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 動物園φ ★ :2019/07/15(月) 16:30:26.87

    「日本経済により大きな被害」と警告 外交解決求める=文大統領

    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、青瓦台(大統領府)で行った首席秘書官・補佐官会議で、
    日本が韓国に対する輸出規制を強化したことについて、「結局、日本経済により大きな被害が及ぶことを警告する」として、
    「日本政府は一方的な圧力をやめ、今でも外交的な解決の場に戻ることを望む」と述べた。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/15/2019071580158.html


    【☆【韓国】文大統領が日本に警告「日本経済により大きな被害が及ぶ。外交的な解決の場に戻れ」→相手にするのは時間の無駄】の続きを読む

    このページのトップヘ