わいわいニュース

芸能、社会ネタを中心に、時事問題で楽しんでいただけるレビューサイトを目指します。 美術など趣味の話題や、芸能人も参加するパーティーや海外でのアクティビティ等も、ご紹介して参ります。

    2019年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 i.daily.jp)


    こればかりはしょうがないね。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/08/29(木) 14:32:59.24 ID:5SF9n5fy9.net

    2019/08/29 13:04

    お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之と岡村隆史が29日、都内で行われた頭髪治療専門クリニック「Dクリニック」新CM発表会に出席。フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』で共演していたよゐこの濱口優も司会として登場した。

    濱口は「お忙しい中、ご来場いただき、誠にありがとうございます。司会進行を務めさせていただきます、よゐこの濱口優です。よろしくお願いします」とやや緊張した様子であいさつ。その後、ナイナイの2人を呼び込んだ。

    矢部は「濱口さんが司会っていうのがやりにくい」と苦笑し、岡村は「こういうイベント、吉本だけでやったらダメなんですか?」とコメント。濱口が「ナインティナインさん」と発言すると、矢部は「やめて、気持ち悪い」と笑い、「MCちゃんとでけへんやん」と指摘すると、濱口は「営業妨害ですよ! できます!」と反論した。

    実際に薄毛治療を行って成果が出たという岡村が「3カ月で変わりました」「メイクさんに『あれ?』って言われました」などと話しているのを濱口が聞いていると、岡村は「なんですか? こっちじっと見て、腹立ってきました」と言い、「濱口さんも一時ちょっと危なかった」と発言。続けて矢部が「濱口さんも実はお世話になっている」と通院を暴露した。

    濱口は「そうです」と認め、「僕もメイクさんに『あれ?』って反応されました。岡村さんから『お前ずるいぞ』って言われました」と明かし、「僕は黙っていましたけど、なぜこの場でバラすのか、いささか疑問には思いますけど」と苦笑い。さらに岡村が「(髪が生えてくると)自分に自信がもてるというか、それからですもん、ご結婚されたの」と暴露すると、濱口は「カメラ数十台の前でえらいことバラされちゃいました」と汗が止まらず。岡村は「言ってやりましたよ」と満足そうな表情を見せ、会場は大爆笑だった。

    29日より放送される新CMでは、岡村が薄毛に悩む患者に、矢部がドクターに扮し、薄毛の進行度には9タイプ存在することを紹介。岡村は、特殊メイクで9つの薄毛パターンを披露している。

    https://news.mynavi.jp/article/20190829-885305/
    ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。


    【【芸能】 よゐこ濱口、ナイナイに頭髪治療を暴露され大汗「カメラ数十台の前で…」 2019/08/29】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pbs.twimg.com)


    とりあえずエアコンの効いた商業施設へ行かれてみては?

    1 みつを ★ :2019/08/31(土) 19:59:46.10

    https://diamond.jp/articles/-/213304

    エアコンのない部屋でけいれん…猛暑と戦う生活保護の子どもたち
    みわよしこ
    ライフ・社会 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ
    2019.8.30 4:55

    エアコンがない部屋で暑さと格闘
    子どもを苦しませた父親の後悔
     私にとって、2019年に入ってからの8ヵ月間の最大の関心事は、「日本の気候は、これからどうなるのだろうか」ということだった。暮らし心地も食糧価格も冷暖房費費用も、すべて気候に左右されるからだ。受ける影響は、貧困であればあるほど大きい。

     2019年の東京は、1月と2月は冷え込んだものの、3月は暖かかった。4月に入ると、冬並みに寒い日があったと思うと暖かくなり、5月末には真夏日が3日にわたって続いた。7月に入ると、梅雨が続く中に夏日が現れた。7月下旬に長い梅雨が明けると、いきなり夏らしい夏となり、8月に入ると最高気温が35℃を超える猛暑日が続いた。8月18日を最後に猛暑日は現れなくなり、急激に秋らしさが漂い始めた。

     この夏、両親と共に東京都内に住んでいるKちゃん(10歳)は、生まれて初めてエアコンのある住まいで夏を越した。Kちゃんの両親は、2人とも障害者だ。父親のIさんは働いていたが、母親による育児は困難に直面した。Iさんは妻とともに育児を担うために仕事を辞め、一家は生活保護で暮らし始めた。

     Kちゃんは4歳の頃から、暑さに晒されて体温が上がると、けいれんを起こしやすい。しかし、一家の住まいにはエアコンがなかった。夏の夜間のサウナのような暑さで、Kちゃんは毎夏、けいれんを起こし、そのたびに救急車で病院に搬送されて入院していた。

     容態が安定して退院すると、またサウナのような夜を過ごしながら、経過観察のために通院を続ける。年によっては、入院が2回以上になることもある。親子とも、心身の休まらない暑さをしのいでいるうちに秋が来る。けれども、今夏は違った。
    (リンク先に続きあり)


    【【日本の貧困】エアコンのない部屋でけいれん…猛暑と戦う生活保護の子どもたち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 poccyary.com)


    自分がいじめられたと言える勇気が素晴らしい。
    今の活躍している姿をみると勇気をもらえる人が大勢いると思います。

    1 muffin ★ :2019/08/31(土) 15:51:38.01 ID:5em1M30c9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000008-withnews-soci
    8/31(土) 7:00配信

    ジャニーズ事務所の人気グループ「V6」のメンバーとして歌い、踊り、俳優や司会者としても大活躍する井ノ原快彦さん(43)は、小学生のころ、クラスメート全員に無視されたことがありました。放課後、家に帰って読むまんがや曲作りが心の居場所だったあのころの経験が、今につながっているそうです。(聞き手 朝日新聞大阪社会部記者・松尾由紀)

    ■逃げることは大事
    品川の大きな団地で育ちました。やんちゃな面もあったんでしょうね。調子にのっていたら仲が良かった友達から無視されるようになって。そのうちその友達だけじゃなくてクラスのみんなに無視された、という時期がありました。小学4年生のころです。

    あのころの居場所、というより逃げ場は団地の自分の家でした。学校から帰ったら「北斗の拳」や「コボちゃん」の漫画をぼろぼろになるまで読んで、楽器なんてなにもできないのに、曲作って。逃げるって大切です。悩むより、アニメでもゲームでもいいから逃げ込めるものがあった方が楽しいでしょう。好きなことをした方がいいです。

    そもそも、学校っていう大人の決めたルールばかりの場所が好きではありませんでした。宿題なんてこの世からなくなればいいと思っていたし、夏休みの宿題をちゃんとやったこと、一度もなかったんじゃないかな。

    ■勉強は学校じゃなくてもできる
    高校は、歌やお芝居をもっとやりたくて途中でやめました。でも、20歳代後半になって、通信制の高校に入り直したんです。理由は、勉強したかったから。今したいな、と思ったんです。仕事が終わってから寝ないでリポートを書いたり、10歳くらい下の友達ができたり。勉強するということを楽しみました。

    今、何かの理由で学校に行けない子もいますよね。でも、今じゃなくても、学校に行けるし、勉強することもできます。留年したり大学に行かなかったり、といったことに対して厳しい目もある一方で、勉強したい人を受け入れてくれる社会です。

    それに勉強って学校でするものとは限らない。社会でだってできます。僕は学校で学んだ以上のものをジャニーズに入って学んだと思っています。

    子どものころ、無視されて嫌だったという経験があるから、人を無視することはしません。無視するくらいなら言いにくいことでも言います。おせっかいかな、とも思うんだけど、友達は「愛情だと思う」って言ってくれました。言って嫌われるリスクもあるのに、と。逆に人からなにか言われた時にも、愛情だと思うようにしています。

    あの経験が今の僕に少し、いかされています。


    【【いじめ】V6・井ノ原快彦さん、クラス全員に無視された経験がつくった「今」  学びの場は学校とは限らない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 more-more-more.com)


    やっと活動出来る様になるまでこんなに時間がかかるなんて…芸能界は恐ろしい。。

    1 湛然 ★ :2019/08/28(水) 22:04:48.58 ID:2UjthJUI9.net

    2019-08-28 21:00
    のん、初挑戦の舞台『私の恋人』東京公演開幕「すごくワクワクしています」
    https://www.oricon.co.jp/news/2143213/full/

    舞台『私の恋人』ゲネプロよりのん(C)NB Press Online

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    舞台『私の恋人』ゲネプロの模様(C)NB Press Online

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)



     女優でアーティスト・のんが初めて挑戦する舞台『私の恋人』の公開ゲネプロが28日、東京・本多劇場で行われた。兵庫、鹿児島、福岡、山形などを渡り歩き、最後を飾る東京公演の開幕に「地方公演を回って、色んなお客さんの反応を見てきたので、東京のみなさんはどう観ていただけるのか、すごくワクワクしています」と意気込んだ。

     同舞台は、『ニムロッド』で第160回芥川賞を受賞した上田岳弘氏が2015年に発表した同名の小説が原作。脚本と演出は渡辺えりが担当し、かねてより渡辺の作品への出演を希望していた小日向文世とのんを迎え、3人が30の役柄を演じる。

     のんが演じるある時計屋の双子の長男・井上ユウスケは、10万年前のクロマニヨン人の生まれ変わり。ときには神父、白猫の玉、ギターを持って登場する歌姫玉子など10種類以上の役を担当している。小日向は、医者の高橋陽平のほか、ユウスケの父・ミキオや母・ヤスエなどを演じ、渡辺は、ユウスケの双子の弟・トキオを中心に看護師・川崎、看守やとある歌手などを演じる。

     のんは「本多劇場でやれるということで、すごく心待ちにしてました。自分が本多劇場にえりさんの舞台を観に来たりして、観る側でワクワクさせていただいた劇場だったので、自分が出れることになってうれしいです。気合いを入れて頑張ります」と語った。

     渡辺は「今まで山形、久慈、福岡、兵庫を回ってきまして、お客様の評判が想像以上によくて、3人の役者の個性もとても出ている、それからオーディション組の天使たちも素晴らしい、とのうれしいお声をいただいています。今までの公演と比べて東京は小劇場ですから、気持ちを引き締めてより緻密に、テーマが色濃く出るように、さらにみんなで頑張って、面白い舞台にしたいと思っています」とコメントしている。

     東京公演は、きょう28日から9月8日まで同劇場で上演される。

    (おわり)


    【【芸能】〈のん〉初挑戦の舞台『私の恋人』東京公演開幕「すごくワクワクしています!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国の国会議員6人、竹島上陸 輸出規制強化撤回求める - 朝日新聞
    韓国の文在寅(ムンジェイン)政権を支える与党「共に民主党」などに所属する国会議員6人が8月31日午前、日韓が領有権を争う島根県の竹島(韓国名・独島)に上陸した。
    (出典:朝日新聞)



    (出典 www.sankei.com)


    好戦的で野蛮な国家だと断定せざるを得ません。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/08/31(土) 12:35:00.85

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190831/k10012058271000.html

    韓国のテレビ局YTNによりますと、韓国の与野党の国会議員が31日午前11時半ごろ、
    韓国がトクト(独島)と呼んで領有権を主張する島根県竹島に上陸したということです。
    訪問の目的については、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や、輸出管理の強化などで
    日本政府の対応に抗議するためだとしています。


    【【速報】韓国の国会議員が竹島に上陸】の続きを読む

    このページのトップヘ