わいわいニュース

芸能、社会ネタを中心に、時事問題で楽しんでいただけるレビューサイトを目指します。 美術など趣味の話題や、芸能人も参加するパーティーや海外でのアクティビティ等も、ご紹介して参ります。

    カテゴリ: 政治

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 i.ytimg.com)


    韓国は国家の品格としてはどうかと思いますが、共産圏のラインを後退させることに米国は賛同しないと思います。

    1 アンドロメダ ★ :2019/08/28(水) 22:33:55.49 ID:PzOpsFhd9.net

    △鶏皮の山椒煮だ

    韓国の文在寅政権による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄のショックが冷めやらぬ中、ドナルト・トランプ米大統領と安倍晋三首相がフランス南西部ビアリッツで会談した。
    会談後の政府高官によるブリーフィングによると、両首脳は日米韓連携の重要性は確認したものの、GSOMIA破棄に関するやりとりはなかったという。
    首脳会談内容のブリーフィングではこうした「ウソ」はままある。
    筆者の日米首脳会談取材経験から照らしても、首脳会談後のブリーフィングがすべて「包み隠さぬ事実」だったためしがない。

    オフレコを条件に米政府関係者から話を聞いたという米記者の一人は筆者にこうコメントしている。
    「(文在寅大統領の決定に対する)トランプ大統領の怒りは収まりそうにない。それを安倍首相にぶつけないわけがない」
    「ただ、憤りはちょっと置いておいて、当面文在寅大統領の出方を静観することで2人は一致した。大統領は『韓国に何が起こるか見守る』とツィートしているのもそのためだ」

    だが、日米首脳会談の直後、「伏せた部分」はほぼ同時刻、モーガン・オータガス米国務省報道官が公式ツィッター上で意図的に(?)「代弁」している。
    「韓国政府のGSOMIA破棄決定に深く失望し懸念している。これは韓国を守ることをさらに複雑にし、米軍に対するリスクを増大させる可能性がある」

    今回は韓国の決定が「米軍に対するリスクの増大の可能性」にまで言及した。
    ダメを押したのだ。
    コリア第一主義の大衆ナショナリズムは一歩間違えば、反日から反米に点火する危険性を帯びている。
    文在寅大統領としても何が何でも米国の言うことを聞くわけにはいかない。

    米国にとっては、長期的にみると、これから5年、10年後の韓国をどうとらえるべきか、という重要懸案がある。
    中国が推し進めている「一帯一路」路線に対抗する米国の「インド太平洋戦略」の中核となる同盟国の構成をどうするか、だ。
    (中略)
    米国内には「韓国は外すべきだ」という主張が台頭している。
    早晩、韓国は「あちら側」つまり中国サイドにつくと見ているのだ。

    トランプ政権内部ではすでに「韓国抜き」の「インド太平洋戦略」が動き出していると指摘する専門家もいる。
    日本、豪州、インドという準大国を同盟化するというのだ。
    特に経済通商上の理由から米国と中国とをある意味で天秤にかけてきたオーストラリアは、スコット・モリソン政権発足と同時に米国に超接近し、米国の考える「インド太平洋戦略」の構築に積極的になってきたからだ。

    その事例がすでにある。
    マイク・ポンペオ米国務長官とマーク・エスパー国防長官は8月、オーストラリアを訪問し、米豪初の国務・国防閣僚による「2プラス2」協議で同盟強化を再確認している。
    米軍の豪州駐留永久化だ。

    米国はこれまでオーストラリア北部のダーウィンに近い豪州陸軍基地に米海兵隊を乾期だけに配備してきた。
    この港湾にワスプ級揚陸艦(LHD)が着艦可能な軍用施設を建設することを決めたのだ。
    すでに総工費2億1150万ドルが計上されている。

    ダーウィン港湾の管理権は15年以降、中国大手「嵐橋集団」(ランドブリッジ)が99年間貸与する契約を結んでいる。
    当時、中豪協力のシンボルとして騒がれた。米政府は強く反発していた。

    「嵐橋集団」のトップ、葉成総裁は人民政治協商会議の代表。
    中国共産党とも太いパイプを持っており、ダーウィン港湾管理権貸与の背景には対米抑止力の一翼を担う狙いがあるとされている。
    同港湾に米軍が軍用施設を建設するというのは、小さな一歩かもしれないがシンボリックな意味合いを持っている。

    オバマ政権で国務省コリア部長(韓国と北朝鮮を担当)確認だったミンタロウ・オバ氏はこう指摘する。
    「GSOMIA破棄決定に米政府はこれ以上ないほどのネガティブに反応している。オバマ政権が将来を考えて編み出した協定だったからだ」
    「ワシントンの多くのアジア関係者は日韓関係に赤信号が灯り始めたと見ている。韓国は今後その戦術展開の幅を狭くしてしまった」

    ワシントンの外交安保専門家たちから見ると、GSOMIA破棄で完全に米国を怒らせてしまった韓国はもはや「米国の同盟国」ではなくなってしまったようだ。

    ▽記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190828-00057446-jbpressz-int

    ★1が立った日時:2019/08/28(水) 18:22:55.29
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566984175/


    【【GSOMIA破棄】米国、米韓同盟破棄を真剣に検討か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 tvtonet.xyz)


    血の通った言葉を言えないのは、教育の問題もあるのではないかと思います。

    1 アンドロメダ ★ :2019/08/29(木) 03:38:55.16

    △なすの利久煮だ

    みゆりん @miyurindarukoro 9:10 - 2019年8月28日
    「記事にする必要ない。騒ぎを大きくするな」
    「この程度のことで」
    と番組で言われてたらしいですけど
    今現在手がもう麻痺して感覚失われていて、ずっと頭痛くて
    暴行暴言された動画も残ってるのに
    こんなにも心無い言葉を言われたの
    が非常に残念すぎる
    https://twitter.com/miyurindarukoro/status/1166503262872162306

    Mi2 @mi2_yes 2019年8月27日
    韓国の日本人女性暴行事件で、
    青木理「韓国人気質とか日本と違う気質とか言うけど日本と韓国の違いはない。
    韓国が治安が悪いとか一切ない。記事に書かない様なニュースが大きく報じられて悪循環。
    差別語って言うのも日本人を呼ぶ時に必ず使う言葉」
    韓国愛溢れ過ぎでついていけねー。#モーニングショー
    https://twitter.com/mi2_yes/status/1166150656081612800

    ★1が立った日時:2019/08/28(水) 23:12:37.36
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567001557/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【暴行韓国男】被害女性「“記事にする必要ない。騒ぎを大きくするな”by青木理。心無い言葉に残念。現在も麻痺と頭痛あるのに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.asahicom.jp)


    また難癖をつけてくるのでしょうね。
    もともと韓国に特段の否定的感情は持っていませんでしたが、あまりの汚い反応や幼稚な対応に引いてしまいました。

    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん :2019/08/27(火) 23:24:23.84

    政府は28日午前0時、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外する。半導体材料3品目に続く韓国向け規制強化の第2弾で、安保上の脅威となる電子部品など幅広い品目の輸出管理が厳格化される。日本が指定を取り消すのは韓国が初めて。韓国政府は元徴用工問題に対する事実上の「報復措置」と捉え激しく反発しており、日韓関係の悪化は決定的となりそうだ。

     政府は2004年から韓国を指定してきたが、今月2日に除外する政令改正を閣議決定し28日の施行が決まっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000144-kyodonews-bus_all
    8/27(火) 20:26配信 記事元 共同通信社

    ★1が立った日時 2019/08/27(火) 22:15:14.92
    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566911714/


    【【28日午前0時】政府、輸出優遇国から韓国除外へ 政令で初の指定取り消し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 dol.ismcdn.jp)


    米中関係悪化!日本への影響はさけら

    1 幻の右 ★ :2019/08/27(火) 08:00:28.00

    中国が輸入しない米のトウモロコシ 日本が買います

    今回の日米首脳会談を受け、日本がアメリカ産のトウモロコシを追加で輸入することになりました。国内で害虫の被害が確認されたため、日本企業が輸入を前倒しするということです。

    これは安倍総理大臣とトランプ大統領が共同の記者発表で明らかにしたものです。

    政府関係者によりますと、追加で輸入するのは飼料用のトウモロコシおよそ250万トンで、年間の輸入量の3か月分にあたる規模だということです。

    国内で新たな害虫が確認され、今後供給に不安が生じることも懸念されるため、トウモロコシの輸入の90%以上を占めるアメリカから、日本の企業が9月から輸入を前倒しすることになるとしています。

    記者会見でトランプ大統領は米中の貿易摩擦の影響でアメリカから農作物の輸出が減少していることを踏まえ、「中国は約束したことを実行しないため、アメリカのいろんな地域でトウモロコシが余っている。安倍総理が購入してくれるのはとても大きな取り引きだ」と述べました。

    トウモロコシの追加輸入は来月の署名を目指す日米の貿易交渉とは別の扱いで、日本政府としては害虫対策のための民間の措置だとしていますが、トランプ大統領が重視するアメリカの農家対策にもつながる側面があると判断したものと見られます。

    2019年8月26日 7時43分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190826/k10012048591000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    関連スレ
    【外交】トランプ大統領「日本は米国産の余剰トウモロコシを大量購入する。日本政府と日本国民に感謝する」
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566768045/

    ★1が立った時間 2019/08/26(月) 10:03:15.75

    前スレ
    【米中貿易摩擦】トランプ大統領「中国が約束したことを実行しない。トウモロコシが余ってる」…トウモロコシ 日本が買います ★6
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566849190/


    【【米中貿易摩擦】トランプ大統領「中国が約束したことを実行しない。トウモロコシが余ってる」…トウモロコシ 日本が買います ★7】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    何事も信用は大切だと思います。

    1 かに玉 ★ :2019/08/27(火) 04:49:13.17

    ※雑煮だ

     G7サミットで、アメリカのトランプ大統領が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を「信用できない」などと、2日にわたって痛烈に批判していたことが、FNNの取材でわかった。

    トランプ氏が文大統領を批判したのは、フランスで開かれているG7(主要7カ国)首脳会議の初日の夜で、首脳らが外交安全保障に関する議論をしている最中に、「文在寅という人は信用できない」などと切り出したという。

    政府関係者によると、トランプ氏はさらに、「金正恩(キム・ジョンウン)は、『文大統領はウソをつく人だ』と俺に言ったんだ」と重ねて批判したという。

    そして、トランプ氏は、2日目の夜に行われた夕食会でも、文大統領について、「なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」と疑問を投げかけ、同席した首脳らが、驚いた表情をする場面もあったという。

    一連の発言に対して、安倍首相が反応することはなかった。

    政府内には、トランプ氏の発言の背景には、韓国が日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄したことなどが念頭にあるとの見方がある。


    https://www.fnn.jp/posts/00423006CX/201908262030_CX_CX

    ★1:2019/08/26(月) 23:37:22.05
    ※前スレ
    【韓国】トランプ「文大統領、信用できない。なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566842875/


    【【韓国】トランプ「文大統領、信用できない。なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」】の続きを読む

    このページのトップヘ