わいわいニュース

芸能、社会ネタを中心に、時事問題で楽しんでいただけるレビューサイトを目指します。 美術など趣味の話題や、芸能人も参加するパーティーや海外でのアクティビティ等も、ご紹介して参ります。

    カテゴリ:医療 > 不妊治療

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    F753F94F-C27A-4B83-964A-28FC2A5295A5
    こちらが今回の神戸・大阪の旅のデスティネーション
    神戸ARTレディースクリニックです。
    日本で唯一、着床前診断を公に実施している良心のクリニックです。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    『着床前診断』についてまとめてみた




    【『着床前診断』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    着床前診断の研究、9月にも開始 期待の声と倫理的課題 - 朝日新聞
    体外受精した受精卵の染色体を調べて、不妊治療の成功につなげる「着床前診断」の臨床研究を、日本産科婦人科学会(日産婦)が9月にも各地の医療機関で本格的に ...
    (出典:朝日新聞)


    受精卵 (受精卵診断からのリダイレクト)
    受精卵の段階で遺伝子を解析し、将来起こりうる重篤な病気・障害の有無を診断する着床前診断(受精卵診断)について行うことに人間の場合、生命の選別・選民思想などの生命倫理的な問題があるとして、その是非については意見が分かれる。 しかしながら、妊娠した後に行う羊水検査などの出生検査の結果に基づいて胎児の人工妊娠中絶が殆ど何の
    3キロバイト (346 語) - 2019年5月17日 (金) 06:03



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    本日は、この診断の関係で日本で唯一着床前診断を公に行なっているクリニックへ参ります。
    なお、公にせずに実施しているクリニックはいろいろあります。

    1 ガーディス ★ :2019/06/23(日) 09:43:38.85 ID:Ab4IveT+9.net

     不妊治療の成功率を高めるために体外受精した受精卵の全染色体を調べる「着床前診断」の臨床研究について、日本産科婦人科学会(日産婦)は22日、今秋をめどに規模を拡大する方針を公表した。2年間実施し、どういう症例に効果的か明らかにするという。

     受精卵は、染色体に過不足などがあると、流産しやすいとされる。着床前診断は、受精卵の一部の細胞を取りだし、すべての染色体を調べてから適切なものを子宮に移植する。

     日産婦は2016年に研究計画を承認。四つの医療機関と三つの解析施設で実施してきた予備研究が終わったことから、規模を拡大する方針を決めた。

     対象は流産を繰り返す女性や複数回体外受精をしても妊娠しなかった女性など。予備研究では35~42歳に対象をしぼっていたが、年齢制限は設けない。21年3月末までに、各症例千人規模で診断を実施するという。

     現在、参加の要件を満たす見込…

    残り:299文字/全文:670文字
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM6P5358M6PULBJ00D.html


    【【医療】「着床前診断」の研究、秋から対象を拡大へ 日産婦方針、年齢制限なし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    他方、着床前診断によって、体外受精の着床率を上げたり、染色体異常を原因とする流産の回避が可能であることも判明し、世界的には不妊治療や流産予防を目的とする着床前診断が多数実施されている。これは着床前スクリーニング(PGS)、あるいはPGT-Aと呼ばれる。世界的には2013年時点で10,000人以上の児が着床前診断
    13キロバイト (2,157 語) - 2018年10月31日 (水) 11:59


    国民による選挙を経たわけでもない単なる民間団体に過ぎない日本産科婦人科学会が、国民の不妊治療の選択の自由を侵害していることこそ、憲法違反の疑いがあるのが真実だと思います。
    裁判所は権威主義だから認めないことも許し難いです。

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/12(木) 03:16:00.79 .net

    信念のヒトとして有名な神戸の大谷先生が新型の着床前診断を
    129例実施し、19人が出産したと発表。
    日本産科婦人科学会は逆上するかも知れませんね。

    日本産科婦人科学会の主張によると
    「重い遺伝病など特定の疾患に限り実施を認め、実施する場合は
    学会の承認が必要(個別審査)」ですけどね。

    良い赤ちゃんを産む為には国際的な意味で*バンクが利用されるし
    近未来にはデザイナーベビーが世界各地で大量に産生するでしょうね。
    着床前診断が推奨される時代が迫っているのでは?(日本産科婦人科学会は時代遅れでは?)


    【着床前診断の未来→絶対に推進する必要がある】の続きを読む

    このページのトップヘ