わいわいニュース

芸能、社会ネタを中心に、時事問題で楽しんでいただけるレビューサイトを目指します。 美術など趣味の話題や、芸能人も参加するパーティーや海外でのアクティビティ等も、ご紹介して参ります。

    カテゴリ:芸能 > SMAP

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 entamega.com)


    そういう女性もいる。
    全く気にしなくてよし

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 22:13:11.88 ID:NmIEagMK9.net

    タレントの中居正広(47)が24日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11:00)に出演。
    18日に誕生日を迎えてからの初ラジオで47歳の抱負について自ら触れ「な~んにもない。
    時間が過ぎるのを待つだけ」と自嘲気味に断言した。

    番組スタートと同時に「アハハハー」と笑い声を響かせ「47になりましたぁ~!スペシャルゥ~!」と叫んだ中居は「47になりました、俺」と一言。
    続いて「47歳の抱負はありません。なんにもありません。な~んにもない。時間が過ぎるのを待つだけって感じですね。
    早く時間が過ぎねえかなって毎日過ごしてます」とつぶやいて47歳になった報告を一瞬で終えた。

    その後は笑いを交え、日常生活のあれこれについてトーク。その中で「悲しかった話」として、先日の昼間に自宅マンションのエレベーター前で見知らぬ女性と2人きりになった話を紹介した。
    待っていたエレベーターがやって来て先に乗り込んだ中居。続いて乗ると思った女性に「どうぞ」と声をかけるも「大丈夫です。いいです」と同乗を拒否されたことを明かし「そこそこのマンションでさ。
    カメラとかもついててさ。俺がそこで抱きつくと思う?」と不審者扱いされたことを嘆いた。

    「こんなに今まで女の子に追っかけられたのに、女の子に『大丈夫です』って言われたの初めて」と中居。
    相手は中居と認識していなかったようだとし「中居君だって分かってて『大丈夫です』って言われてたらもっとショック」「俺ショックだったからね」
    「優しめにウィスパーで『どうぞどうぞ』って言ったのに」「あんまり促すと*だと思われる」とボヤキは止まらなかった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16980737/
    2019年8月25日 21時32分 スポニチアネックス


    【【芸能】〈中居正広〉不審者扱いにショック…女性が“エレベーター同乗拒否”「今まで女の子に追っかけられたのに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2016年7月26日に、ジャニーズ事務所を退社し、フリーになっていたSMAPチーフ・マネージャーであった飯島三智によって設立される。 2017年9月22日に公式サイトが公開され、SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人の所属が発表された。同時に、3人の公式ファンサイト「新
    18キロバイト (1,475 語) - 2019年7月20日 (土) 05:54



    (出典 www.dailyshincho.com)


    SMAPが解散してから2年半。テレビで5人並んでの姿が見られなくなり寂しい日々が過ぎましたが、個々の活躍や新しい地図の3人がやっと地上波で見られる様になり安堵しています。テレビ業界を詳しく知らないものでも、人気のある方がいきなりテレビから消えたら不信感を抱きます。2年半の間に色々な圧力があった事を忘れるくらい、今後活躍を楽しみにしています!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/30(火) 06:09:31.99 ID:KUKo778Z9.net

    稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の「新しい地図」3人は、ジャニーズ事務所創業者のジャニー喜多川さん(享年87)逝去10日後の7月19日、代理人を通じて連名でこう表した。

    《先週、ジャニーさんの家族葬が執り行われたとうかがっております。僕らは僕らのそれぞれの想いを込めて、今、自分たちのいる場所からお別れをさせていただきました。どんなときでも背中を押してくれたジャニーさん、ありがとうございました》

    こうしたコメントを受け、SMAPファンはお別れ会に向けてSNS等で一気に盛り上がっている。

    《お別れ会でのSMAP再結集~ 楽しみです。期待しています》
    《SMAP復活してほしい。ジャニーさんもそう望んでいる》

    「SMAPファンにとって、もうひとつの“追い風”が、元SMAP3人のテレビ出演を巡り、公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意したという報道でした」(全国紙記者)

    緊急速報が流れたのは、7月17日夜8時59分だった。

    《元SMAP3人のTV出演に圧力の疑い ジャニーズ事務所を注意 公正取引委》

    NHKのニュース番組でトップニュースとしても報じられる前代未聞の事態に。その後、ジャニーズ事務所も各テレビ局も「圧力はない」と全面否定した。

    「この一報で、テレビ局は“身の潔白”を証明するためにも、今後、香取さん、草なぎさん、稲垣さんを番組に起用していくことになるでしょう」(テレビ局関係者)

    別のテレビ局関係者もこう証言。

    「当面は各局で“腹の探り合い”になりそうですね。まずは単発のバラエティやドラマから業界内や世間の反応を見たいといったところでしょう」

    ある制作関係者は、3人の地上波出演についてNHKが大きな鍵を握るのではないかと見ている。

    「各局のプライム帯ドラマの主役は2年ほど前に決まっているため、即座のドラマ主演は難しい。やはりバラエティからの地上波復活が現実的でしょう。今回、公正取引委員会の動きを報じたのもNHKですし、NHKが“圧力の噂”を払拭するために先陣を切る可能性は高いと思います。もともと『ブラタモリ』は草なぎさんがナレーションを務めています*」

    その草なぎをかねて起用すべく検討している局があるという。

    「関西テレビは、もともと『SMAP×SMAP』を制作していたこともあり、メンバーとの信頼関係が深い。特に草なぎさんは関テレ制作の『いいひと。』が連続ドラマ初主演作。『僕の生きる道』も人気となりました。実は『銭の戦争』(15年)『嘘の戦争』(17年)に続く“完結編”第3弾制作の話があり、今回の件で一気に話が進展する可能性が出てきました」(放送関係者)

    3人が地上波に本格復帰すれば“今後”への道も開けてくる、と前出のテレビ局関係者は力説する。

    「解散からの2年半で元SMAP5人も大きく成長しています。直接の共演ではないにせよ、局内で顔を合わせる機会が増えれば徐々に心もほぐれて“和解への道”につながっていくと思うんです」

    ジャニーさんへの深い敬愛は5人に共通していること。その原点に立ち返ることが、ジャニーさんへの“恩返し”につながる――。


    7/30(火) 0:01配信 女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00010001-jisin-ent


    【【元SMAP】新しい地図3人が地上波本格始動へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中居 正広(なかい まさひろ、1972年8月18日 - )は、日本のタレント、司会者、俳優、歌手。男性アイドルグループSMAP全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。神奈川県藤沢市出身。ジャニーズ事務所所属。 1986年、14歳時にジャニーズ事務所に入所。1986年後楽園球場でのジャニー
    44キロバイト (5,366 語) - 2019年7月23日 (火) 06:57



    (出典 www.sankei.com)


    中居くんがアメトーーク!に出るなんて驚きですが、独り暮らしのエピソードなど話し、さすが司会なれしているのでトークの中心となって笑いもあり、すごくまとまっていた。こういうバラエティの出かたも新鮮に感じたので、他の番組の出演も楽しみにしています。

    1 らむちゃん ★ :2017/04/21(金) 20:42:06.25

    日刊スポーツ、2017.4.21 10:35
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170421-OHT1T50119.html

    20日に放送されたテレビ朝日系バラエティ「アメトーーク!!」(木曜・後11時15分)の平均視聴率が10・6%の好数字だったことが21日、分かった。

    今回は「ひとり暮らし長い芸人」が集合。独り暮らし歴20年以上の芸人が集まり、トークを展開。元SMAPの中居正広(44)が同番組に初出演。独り暮らしの哀愁エピソードを明かし、トークの中心となって盛り上げた。

    今回の10・6%は「芸人ドラフト会議」として放送された4月13日に記録された9・9%を抜いて、同番組の今年最高の数字となり、今年初の2ケタ視聴率となった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。


    【【テレビ】元SMAP中居正広の初出演「アメトーーク!!」が今年最高の10・6%記録!!】の続きを読む

    このページのトップヘ