熱中症(ねっちゅうしょう、英: hyperthermia)とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によって起こる状態の総称である。 日射病とは違い、室内でも発症するケースが多い。高温障害で、日常生活の中で起きる「非労作性熱中症」と、スポーツや仕事などの活動中に起きる「労作性熱中症」に大別することが出来る。
34キロバイト (4,360 語) - 2019年7月31日 (水) 23:32



(出典 prodoctorsearch.blob.core.windows.net)


業務中とは言え、客の目を気にして飲み物も飲めないのは不憫です。
運転中はトイレに行けないなど、飲み物摂取をためらう理由は他にもあるのでしょうか?

1 Toy Soldiers ★ :2019/08/02(金) 20:50:54.88

 熱中症とみられる症状を訴え、JR東日本の運転士が病院に搬送された。過去にも同様の事象があり、対策が講じられてきた。
それでも、乗務中は乗客の目もあって「水が飲みにくい」という。夏本番となった今、運転士の熱中症を防ぐことはできるのか。

 JR東日本によると、7月27日午後0時45分ごろ、JR羽越(うえつ)線遊佐(ゆざ)駅(山形県遊佐町)で、30代の男性運転士がSOSを発した。
「これ以上、運転は難しい」。手のしびれや高熱、おびただしい汗。熱中症のような症状だった。

 列車が出発したのは16分前。…

続きソース
https://www.asahi.com/articles/ASM705F9WM70UTIL03R.html


【JR東日本の運転手「これ以上、運転は難しい」乗客の目気になり水分補給できず熱中症】の続きを読む