酒井 法子(さかい のりこ、1971年2月14日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。サンミュージックプロダクション(1986年 - 2009年夏)を経て、オフィスニグンニイバ(2012年 - )所属。愛称はのりピー。堀越高等学校卒業。 1986年(昭和61年)にアイドルとしてデビュー後
58キロバイト (6,296 語) - 2019年8月4日 (日) 00:24



(出典 eiga.k-img.com)


子供のころは、唯一好きなアイドルでしたが、どうしてこんなことになってしまったのか・・・。
恐らく、サーファー?と知り合った頃からか。
一度ダークなイメージがついてしまうと、スポンサーは付きにくいですね。

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/04(日) 16:25:22.43 ID:bMxoYmqZ9.net

十年一昔とはならない事情に苛まれている。あの薬物事件から10年が経った酒井法子(48)は、中国でのフィーバーとは裏腹に日本での苦境が続く。その状況で彼女が新たなタニマチ社長に漏らしていたのは、マンモスかなピー本音だったそうで……。

1990年代から進出していた中国語圏で、彼女の人気は相変わらずである。昨年、香港で開かれたコンサートは3日でチケットが完売し、さらに今年も、と中国事情に詳しいライターの西谷格氏が言う。

「現地メディアでは彼女のことを“女神”と呼称していて、7月13日には、再び香港の九龍湾国際展貿センターで音楽イベントが開かれたと報じています。肩を露出した黄色いワンピースで2曲を披露。さらにファンを舞台に招いてゲームをするなど、大盛況でした」

中国は、たのピー?

一方で日本での「のりピー」はなかなか再浮上のきっかけを掴めないでいる。今年の3月にテレビ東京の歌番組に出演。11年ぶりの地上波での歌唱と報じられた。

プライベートでも、事件時に彼女を支援してくれた“恩人”とも言うべき建設業者の会長が2012年に亡くなる。すると、その息子と関係が悪化。昨年には、東京地裁で裁判沙汰となり、会長から提供されていた賃貸住宅を追い出されそうになった。

そんな中、いま仕事面で彼女をサポートしていると言われるのが、埼玉県の運輸会社の社長だ。

17年にはこの会社がスポンサーとなった舞台に出演し、主役としてトラック運転手を演じている。また、昨年は同社のラジオCMのナレーターも。つまり、この社長が数少ない日本での仕事を提供しているのである。しかし、国税庁関係者が訳知り顔で囁くには、

「最近、この会社に関東信越国税局から税務調査が入ったと聞いています」

タニマチを見つけたのりピーにとって、穏やかならざる情報を伝えてくるのだ。

嫌気が差して
「今年の4月、確かに調査は入りましたけども」

と、話すのは当の社長ご本人。

「あくまで定期的なものです。酒井さんを起用して注目されているからなのかもしれませんが、脱税などは全く見つかっていません。申告の一部にミスがあり、納税できていなかった分を調査を受けて納めただけ。それに私は酒井さんのタニマチではないですよ。知り合いの芸能関係者から紹介されただけで、お仕事はさせてもらっても、連絡先は知りません」

個人的な付き合いはないとした上で、中国のファンは悲しむかもしれない意外な事実を明かしてくれた。

「酒井さんは中国での活動に嫌気が差していて、国内で女優として頑張りたいのだと聞いています。テレビ局からオファーはあっても、スポンサーが集まらずに企画が頓挫するケースも多いそうです。最初は起用に迷いましたよ。でも頑張る酒井さんを応援できれば、と思いました」

海外での仕事について本人に代わり、のりピーの継母がこう話してくれた。

「人気があるのは良いことです。いまは“元気?”と聞くと“頑張っているよ”と返事がくるくらい。仕事や裁判のことは相談してくれないのでわかりません」

ひいき筋からのエールも、マンモスラッキーとは言えない、のりピーの胸中が垣間見えたのである。

「週刊新潮」2019年8月1日号 掲載

https://news.livedoor.com/article/detail/16877135/

2019年8月4日 6時0分 デイリー新潮


【【芸能】酒井法子「中国での活動はもう嫌!」タニマチ社長にマンモスかなピー本音】の続きを読む