ヴェルサイユ宮殿ヴェルサイユきゅうでん、フランス語:一番多く使用されている、「ヴェルサイユ城」との意味であるChâteau de Versailles、あるいは、「ヴェルサイユ宮殿」との意味であるPalais de Versailles)は、1682年にフランス王ルイ14世(1638年 - 1715年、在位1643年
12キロバイト (1,533 語) - 2019年8月6日 (火) 05:21



(出典 snaplace.jp)


ヴェルサイユ宮殿大好きです。
これまで、5回ほど行きました。
パリから特急で数十分の地にあるシャンティイ城も素晴らしいですが、やはり欧州の宮殿の模範となったヴェルサイユ宮殿は一度はご覧いただきたいと思います。

夏の土曜は花火や噴水のショーもあり、昔の衣装によるダンスショーも印象深かったです。

夕暮れのヴェルサイユ宮殿の噴水で、シャボン玉が流れて行く様は、夢の世界を観ているようでした。

そんな写真や動画も山ほどありますので、需要があれば・・・無くても掲載してみたいなと思います。

これから夏休み、40度を超えるパリで、美術館三昧したかったな・・・。

1 公共放送名無しさん :2019/01/02(水) 00:15:21.74 ID:AyLpLppp.net

きらびやかな鏡の回廊、太陽王ルイ14世の奇妙な生活、大噴水と花火の競演、
栄光の時代がよみがえる舞踏会、そして、王妃マリー・アントワネットの生きた痕跡。
贅(ぜい)の限りを尽くした宮殿は、革命に散った王侯貴族の悲劇の舞台でもある。
絢爛(けんらん)豪華で陰影深い空間を8Kで撮影、圧倒的な臨場感でお伝えする。


【究極ガイドTV 2時間でまわるヴェルサイユ宮殿】の続きを読む